*** it can be ***


日々の出来事
by kotomiya117

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ご当地4/新潟&静岡

c0226725_21221438.jpg

c0226725_21221435.jpg

 友人の尚子がGETしてくれた、新潟の第4弾「へぎそば」と静岡の第4弾「大井川鐵道」をアップしました。

 新潟の「へぎそば」は、幅30cm・長さ50cmほどの「へぎ」という器にひとくちサイズのそばを30個ほど盛りつけらもので、ゆでたそばを手で振りながら水から揚げ、「へぎ」に盛りつける動作から「手振りそば」ともいわれるそうだ。

 静岡の大井川鐵道は、国内で初めて蒸気機関車の動態保存を開始し、現在も運転されていることで有名で、また、井川線の一部の区間では国内唯一のアプト式機関車が、普通鉄道日本一の急勾配を登り降りしているということだ。

静岡は第3弾も茶畑的な図柄だったし、もうネタギレか?(爆)
[PR]
by kotomiya117 | 2012-03-26 21:22 | ご当地カード

ご当地フォルムカード4/福岡&愛知

c0226725_1683812.jpg

c0226725_168383.jpg

ネット友人のはむぅといつみぃから、福岡と愛知のカードが届きました!
今回の福岡は苺で「あまおう」、愛知は犬山城でした。
苺は以前、栃木の「とちおとめ」があったけど、ヘタと種の感じが違いました(笑)

いつみぃ、はむぅ、ありがとうっ!
[PR]
by kotomiya117 | 2012-03-19 16:08 | ご当地カード

東大寺修二会 お水取り

c0226725_21295846.jpg

 今日は、東大寺でお松明があるので、夕方から母と見に行ってきた。
 もちろん毎年あるので知ってはいたが、見に行くのは初めてなのだ。
 東大寺は、ウチから歩いて行ける距離なので、しっかり防寒してお散歩がてら歩いていく。
 火の粉がかかる程の近くには行けなかったけど、かなり近くで見ることが出来て、良かった〜。
 今回は大きいお松明が、東大寺二月堂にズラッと並び、グルンと回され、火の粉が飛ぶ・・・キレイでした〜。

==============
 東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)は、天平勝宝4年(752)、東大寺開山良弁僧正の高弟、実忠和尚によってはじめられたと伝えられる。以来一度も途絶えることなく続けられ、今回で1260回を数えた。

 この法会は、現在では3月1日より2週間にわたって行われているが、もとは旧暦の2月1日から行われていたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになりました。また二月堂の名もこのことに由来している。

 行中の3月12日深夜(13日の午前1時半頃)には、「お水取り」といって、若狭井という井戸から観音さまにお供えする「お香水」を汲み上げる儀式が行われる。また、この行を勤める練行衆の道明かりとして、夜毎、大きな松明に火がともされ、参集した人々をわかせる。このため「修二会」は「お水取り」・「お松明」とも呼ばれるようになった。

 「修二会」の法要は、正しくは「十一面悔過」といい、十一面観世音菩薩を本尊とし、「天下泰平」「五穀豊穣」「万民快楽」などを願って祈りを捧げ、人々に代わって懺悔の行を勤めるもので、前行、本行をあわせてほぼ1ヶ月、準備期間を加えれば3ヶ月にも及ぶ大きな法要となる。
[PR]
by kotomiya117 | 2012-03-14 21:29 | 日常


最新の記事
季節の・・・
at 2017-06-10 00:41
お雛さま
at 2017-03-04 02:02
あららん
at 2017-02-13 01:58
★新年あけましておめでとうご..
at 2017-01-02 20:59
今年もこの季節
at 2016-08-20 16:35
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧